Categories

Latest Posts

検索エンジン最適化の必勝裏技2点公開!

“minna”

こんにちは。最近よく「検索エンジン最適化」という言葉を耳にしませんか?
これはSEOと同意義で、自社サイトが上位に来るようにするためにも工夫が必要です。
そのためには次のようなことに心がける必要があります。


ユーザー目線でコンテンツを作る
グーグルは、検索ユーザーが求めているコンテンツの多いサイトを高く評価しています。
独自性が高く他のサイトとかぶっておらず、クオリティの高い内容であればある程、順位は向上しやすいです。しかし何を持って良いコンテンツ、求められるコンテンツだと言えるのかを見極めるのが、検索エンジン最適化の難しいところでもあります。キーワードごとに様々なケースが考えられるため、検索エンジン最適化は容易な作用ではなくコツが必要です。


検索エンジン最適化にふさわしいタイトルの付け方
タイトルはSEO対策において最も重要なファクターの一つです。タイトル編集には次のようなポイントがあるので、検索エンジン最適化のためにも以下のポイントに従って編集してみてください。
・28文字でクリックされやすい文言にする
・対策キーワードを入れて作る
タイトルに関してはこれを守るだけでも上位は上がりやすいです。早速実践してみましょう。

インバウンドマーケティングと検索エンジン最適化

Continue reading 検索エンジン最適化の必勝裏技2点公開!

これでオウンドメディアマーケティングをマスター

“mrt”

2014年移行、IT業界だけでなく各業界で「オウンドメディアマーケティング」という言葉を耳にする機会が増えてきました。オウンドメディアマーケティングとは、自社商品やサービスを幅広い消費者に知ってもらうための新しいマーケティング手法です。 会社独自のブランディング手法として注目されてきています。といってもまだオウンドメディアマーケティングについてよく理解していない人も多いでしょう。そこで今回、今後ますます増えていくオウンドメディアマーケティングの役割についてご紹介していきましょう。

オウンドメディアマーケティングの特徴・ まず「オウンドメディア」というのは、企業が自社で持つメディアの事です。ブランドサイトやキャンペーンサイトの事であり、アーンドメディアやペイドメディアと共に「トリプルメディア」と言われています。しかしこれだけでは単に企業が持っているWEBサイトの事かな?と認識されてしまいますよね。私たちが認識しているオウンドメディアマーケティングをしていくにあたっては、主に次の2つの役割があります。

・企業の持つインターネットメディアを通して利用者に有益な情報を発信する ・何らかの仕組みで利用者との関係構築を図る

オウンドメディアマーケティングについてより詳しい情報はオウンドメディアをご覧ください。

Continue reading これでオウンドメディアマーケティングをマスター

環境分析の対象って?4Cマーケティングとは?

“marketing” マーケティングといえば「分析」が大事です。それではどんなものを分析対象にしていくべきなのでしょうか?分析対象としては、ビジネス全般を対象に入れていきます。 ○ビジネスに関わる環境は全て分析する 環境分析においては、自社は勿論、市場で争う競合企業や商品、サービスの販売対象となるクライアント、仕入れ先や流通企業などの協力業者、他にも景気を含めたマクロ環境など対象は多岐に渡ります。どのように分析していけばいいかわからない場合は、型にはまった分析方法を使っていけば、初心者でも容易に環境分析していけるでしょう。 ○分析方法の一つ「4C分析」って何? 分析していくにあたっては、例えばライバル会社やクライアント、自社を分析していく場合に、「4C分析」というのがあります。 4C分析とは何かというと、 ・競合企業 ・自社 ・クライアント ・協力業者 の頭文字をとってつけられた分析手法です。この4C分析では、ライバル会社の長所・短所を把握していき、自社のビジネスモデルを確認していきます。そして顧客分析を通して史上動向を把握していくのです。このようにしてビジネス関わる詳しい環境を知る事が4Cのやり方となります。本記事はマーケティングを参照しました。

Continue reading 環境分析の対象って?4Cマーケティングとは?

マーケターに必要な目線

“analytics”
マーケターは様々な目線で物事を捉える必要があります。私が考える3つの目線をまとめて行きます。
1. 広い目線
まず第一に、広い目線でマーケティングを捉える必要があります。現状の市場がどうなっているのか見れないと自分らはどういった戦略をとるのか決めることができません。そのために広い目線が必要です。
2. 細かい目線
マーケティングでは、消費者一人一人の動きも確認する必要があります。いくら市場を捉えられても、消費者を理解できなければ購入には至りません。
3. 時代の動きを見る目線
マーケティングや消費者行動は時代によって変動していきます。今のマーケティング手法になったのは何故なのか、これからどうなっていくのか、これらを理解することで次の準備を行えます。
要は縦横斜めに物事を立体的にとらえようということです。今回はマーケターの話ですが、経営者にもこの目線が必要と言われています。つまり、マーケターと経営者は近い能力が必要か既に持っているのですね。
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

Continue reading マーケターに必要な目線

マーケターの役割って – マーケティング

“marketing”
みなさまこんにちは、今回はマーケターの業務フローについて話していきたいと思います。
これって、非常に興味がある内容なのではないかなーと思います。マーケティングをやってる人もそうでない人も。
マーケターの業務フローは、データの収集作業やそれらのまとめ作業をすることが多いです。データを取得してもそれがわかりやすくなくては意味がないので。その収集とまとめが終わったら問題点を洗い出し、分析、改善の流れとなります。
この流れで問題なのは、データの収集とまとめです。膨大なデータから分析する必要があるので、非常に時間がかかります。正直なところ、分析をする頃には息が切れてしまっています。ちなみにその部分を短縮するためのものがマーケティングツールですね。もちろん分析の手伝いをしてくれるツールもあります。
やることが多くて大変なのです。
ただ、マーケターの目的は売り上げを出すことですよね。忙しすぎてそれを見失ってしまう時があるのです。そ唸らないためにはどうしたらいいのか、やっぱりデータの収集などの効率化を図らなくてはいけないのでしょうか?
本記事はマーケティングを参照しました。

Continue reading マーケターの役割って – マーケティング

オンドゥメディア+フェイスブックを活用

“digitalmarketing”


オンドゥメディア+検索エンジン最適化(SEO)やFacebookを組み合わせることにより、有益な点が多い。具体的にはどのような利点があるか。


検索(search)の本質は何なのか。本人が望むもの好きな時間に自分を見つけるだろう。それほどコンバージョン率(CVR)が高い。 TV広告が代表的な低関与の広告であれば、検索は逆に非常に高関与なツールとすることができる。フェイスブックがオーガニックリーチが減少代わりに関連性を高めたという点は、高関与とMacが届くことだ。


ただし、検索エンジン最適化を完成するまでに多くの時間と努力が必要である。少なくとも3ヶ月で長くは1年を計画し、準備しなければならない。だから、これまでフェイスブックの広告を活用するようにある。検索エンジン最適化の効果が行わその役割を忠実に実行しても、Facebookの広告は、並行してくれるのが良い。短期間に必要なトラフィックを最も確実に取得することができる方法がフェイスブックの広告だ。


また、フェイスブックで見たメッセージを検索結果からも表示される場合、コンバージョン数は自然に高くなる。この点でSEOやFacebook広告は相性がよく合うとすることができる。

オウンドメディアとは

Continue reading オンドゥメディア+フェイスブックを活用

Googleサジェストキーワード検索する

グーグルサジェストはサジェストクエリを使用して検索オートコンプリート機能とミスの修正機能を提供してタイピストを減らし、効率的で快適に検索できるようにするツールである。グーグルサジェストキーワードを一括取得することができるサイト「Ubersuggest」を紹介する。


http://ubersuggest.org/


検索キーワードを入力した後suggestボタンを押すと、語順に、そのキーワードに関連するキーワード候補が出力される。
リストをコピーをしすべてのキーワードを選択ボタンを押す。その後、右側にリストが表示されるのでgetボタンを押すと、コピーすることができるウィンドウが浮かぶ。そして全体を選択した後、コピーします。


サジェストモニタリングする。


自社にとって重要なサジェストを時間単位でモニタリングするツールリスニングマインドがあります。


http://listeningmind.com


あらかじめモニタリングするキーワードを入力しておくと、日付ごとにサジェストを収集できます。また、ネガティブサジェストも一緒にモニタリングが可能です。


オウンドメディアマーケティング「リスニングマインド」とは?

Continue reading Googleサジェストキーワード検索する

Eメールマーケティングツール

1)Mailchimp:電子メールキャンペーンを作ることができるツールです。8百万人も使用している有名なメールマーケティングツールです。Mailchimpは使いやすいのですぐ学ぶことができ、2,000件まで無料です。


2)ActiveCampaign:アクティブキャンペーンはオートリスポンダー機能によりを簡単に実装することができるツールです。


3)Getresponse:メールチムプと同じ役割をするEメー​​ルマーケティングツールですが、メールチムプよりも少し良い機能があります。 PPC広告キャンペーンをしながらメールアドレスを取得するために使用するランディングページをより効果的に作ることができる追加機能があるのでROIがより高いです。


4)Aweber:Aweberはメールチムプと同様にカスタマイズの範囲が広いメールマーケティングツールです。メールを作成して送信するだけで非常に簡単です。しかし、キャンペーンごとに誰が読んだのか、読んでいないかを把握して、新しい電子メールキャンペーンを送信するセグメント機能はありません。


5)国内で導入されているEメールマーケティングツール:国内で活用可能なマーケティングツールは、https://www.marketingbank.jp/product/index.php?category=4-1#tab00マーケティングバンクサイトに行くと比較することができます。


ところが、メールマーケティングで重要なのは、セグメントを作成分類することです。セグメントを作成するツールは無料で有名なGoogleアナリティックスもありますが、Googleアナリティクスは、訪問者のセッション情報を表示するだけで、具体的な訪問者の情報に基づいてセグメントを作成することはできません。


最近国内で紹介されたリスニングマインドというツールは、このような部分を解消したツールになります。アクティビティストリームと呼ばれる機能ですが、これを活用すれば訪問者の動きに基づいて詳細なセグメントを作成することができます。正確なセグメントが効果の高い電子メールマーケティングに直結するものです。


マーケティングツール 「リスニングマインド」とは?

Continue reading Eメールマーケティングツール

挨拶

オススメマーケティング情報Q&A情報WEBサイト『seo-king』へご訪問下さり、どうもありがとうございます。
このブログでは、管理人の普段の暮らしをまったりつづりつつ、最新ワードや話題のアイテムなどに関しても取り上げていこうと思っています。
初めての投稿で、けっこうテンションがあがっています(^^;)
ジャンルにとらわれず、役立つQ&Aをいっぱい発信していこうと思っております。みなさんのお役に立てば何よりです。

Continue reading 挨拶